初めてサックスを買うならこの三点に注意しよう!

有名メーカーの商品を買うようにしよう

サックスを作っているメーカーは、そう多くはありません。世界中で人気を博しているのは、およそ三社程度です。大手三社のサックスは、出来栄えが素晴らしいと世界中で評判になっています。中には日本のメーカーも含まれていますが、こうした世界中で支持されている大手メーカーの製品を購入するのが最も賢い方法だと言えます。弱小会社の商品を買っても、後々後悔することになるのがサックスです。複雑なものなので大手でなければ作るのも難しいですし、アフターケアの面でも大手ほど安心ができるのです。

最初は安いものからでいい

完全に初めてサックスを購入するのであれば、最初は安いものからにしておきましょう。なぜなら、高いものを買っても宝の持ち腐れになることが多いからです。サックスは非常に難しい楽器であって、まともに演奏できるようになるまでに数年の月日がかかるのが普通です。高いサックスを購入しても、まともに演奏ができないなら意味がありません。最初の一本は、完全に練習用と割り切って購入をするのがいいわけですね。安いものなら、途中で挫折をしても後悔が少なくて済みます。

アフターサービスがしっかりしているお店で買おう

サックスは、とても複雑でデリケートな楽器です。ときには故障をしてしまって、いい音が出なくなることもあります。そんなときには、お店にメンテナンスをしてもらいに行くのがいいでしょう。アフターサービスのしっかりしているお店で購入をすれば、万が一のことが起こっても安心ができます。繊細な楽器なので大切に使って行かなければなりません。その点では整備が必要な自動車などとも変わりがありません。通販等で買ってしまうと後悔することもあるので、しっかりとしたお店で実物を手に取ってから買うのがベストですよね。

サックスとは、「サクソフォーン」と言い、木管楽器の一つであり、ソプラノ、アルト、テナー、バスと4つの種類があります。クラシックからジャズ、ポピュラーまで幅広く用いられます。